進学で専門学校を選ぶ時の注意点ーその3選

将来の仕事をイメージできることが大切

高校を卒業する時に進学のできる学生は、大学に行くか専門学校に行くかで悩むことがあります。大学となれば短期大学であっても、受験科目の勉強が大変です。ところが、専門学校では受験は形式だけで、願書を出せば入学できるところもあるので容易です。そのために、専門学校を安易な気持ちで選択してしまうと後々で後悔をすることになるのです。大学は進学してから、将来の職業選択の余地がありますが、専門学校にはそのような時間はないのです。自分が将来やりたい職業をイメージできる学校を選ぶことです。

何のために専門学校に行くのかで選択が変わります

専門学校は全国にたくさんありますが、学校を選ぶ時には注意しなければならないことがあります。大きくは2つに分かれており、国の教育機関として専門課程を学ばせる認定のところと、私学として国の認定課程が無いところがあります。厳密にいえば、専門学校とは国の認定機関をいいますが、今は無認可であっても専門学校と呼んでいるところが多いのです。公の資格が可能な学校は、文部科学省が認定している学校でなければ取得できません。

実際に学校を訪問してみることです

専門学校の案内は高校にも届きますし、今はホームページがあるので全国どこでも内容を見ることができます。将来を目指す職業が決まれば、それらの教育課程がある学校の資料を集めることから始まります。進学の先生などにも相談して、先輩がおればその情報も集めることです。ある程度、学校が絞られたら実際に学校訪問をしてみましょう。自分の将来が決まる学校ですから、どのような場所にあるかも確認しておくことです。校舎を見ることで進学の意欲が高まることもあるのです。

ヒューマンアカデミーは人材派遣や教育事業をはじめ、介護や美容関係など幅広い分野に事業を広げています。

PAGE TOP