通信制大学院で学ぶときの基礎知識

受験に向けた情報収集のポイント

働きながら修士号などの学位が取得できるのが、通信制大学院の魅力です。様々な研究科が設置されているので、一人一人の興味と関心に合わせて、最適なコースを選ぶのがポイントです。受験に向けて情報収集を行いたいときには、各地で開催されている受験相談会を活用するのが便利です。受験相談会の会場では、個別に受験方法や勉強に方法についてもアドバイスが受けられます。そのために入学試験を受けるときにも、十分な準備が行えます。

入試に向けた準備の概要

通信制大学院の入学試験を受けるときには、まず最初に研究計画書を作成する必要があります。大学院に入学したときの研究テーマを示すだけではなくて、先行研究や具体的な研究手法についても記述するのがポイントです。その上で学科試験に向けて、英語などのスキルを高めるのが理想的です。過去の入試問題を公開している大学院の場合には、これまでの出題例を参考にしながら試験対策を行うべきです。また面接が必須の大学院が多いので、想定される質問とその回答も考えるのが良い方法です。

修士論文を作成して学位を取得する流れ

2年間という限られた期間で修士論文を執筆することが、通信制大学院で学位を取得するための必須条件です。そのためには論文を書くときに必要な、基本的なテクニックを身に着けるべきです。特に参考文献や脚注の表記などは、それぞれの学問領域のルールに従って行うのがポイントです。また通信制のシステムであっても、できるだけ頻繁に指導教授とコミュニケーションを取る必要があります。パソコンで論文を作成する場合には、常にデータのバックアップを取ることが重要です。

通信制大学院で学ぶ方法として、さまざまな授業方法のなかから選ぶ学ぶことができます。専門的な知識を養成できる機会をもうけています。

PAGE TOP