多額の借金を抱えてしまった場合は債務整理という方法があります

債務整理には借金の額によって解決法がいくつかあります

キャッシングなどを利用して返済できなくなった場合、債務整理という方法があります。これは国で認められた借金の清算方法で弁護士事務所などで手続きをすることができます。借金を抱えてしまうと1人で悩んで苦しむ人がいますが、正式な手続きをとれば誰でも借金を整理することができます。債務整理にはいくつかの方法があって、借金の総額が多くない場合は任意整理、個人再生などの方法があります。返済できないほど多額の借金の場合は自己破産という方法があります。

多額の借金がある場合は自己破産をすれば借金をゼロにできます

自己破産というのは自分の家などの財産を全て処分して、それを返済の一部に充てる方法です。生活に必要な身の回りの品などは残すことができます。不動産などは手放すことになりますが、借金をゼロにすることができます。人生をやり直すには適した方法です。自己破産した場合は数年間はカードなどは作れなくなります。債務整理には過払い金返還請求という方法もあります。これはかつて高金利のサラ金を利用していた人に当てはまる方法です。

かつてサラ金を利用した人は過払い金返還請求でお金が戻ります

今は利息制限法によって金利の上限が決まっています。しかしかつてのサラ金はそれよりも高い金利をつけていたのです。法律に違反するその高い利息分を、過払い金というのです。これは返還請求をすればかつてのサラ金から過払い金を取り戻すことができるのです。個人でも返還請求はできますが、弁護士の方がスムーズに進みます。実際に過払い金返還請求をして100万円以上取り戻した人はたくさんいます。かつてのサラ金を利用していた人は弁護士事務所に相談すると、該当するかどうか調査してもらえます。

自己破産をすると、社会生活において、様々な制約を受けることになります。人よっては、借金を抱えている時のほうが良いと思えるような生活にもなりえます。

PAGE TOP