理解しておきたい信用取引の基礎知識

信用取引は自己資金より大きく取引できます

信用取引は、証券会社より金銭や株を借り入れて売買することができます。証券会社が個人投資家に信用をもたらして行なう取引ですから信用取引と称されています。この取引は、入れた担保の額面の3倍の株式を売買することが可能です。しかしながら、3倍の取引が可能と言うのは利点である一方で、リスクになることも無視できません。取引した株が、株価に対する変動でかなりの損失が出た場合、あるいは代用している有価証券の値下りによって必要な額面より足りなくなった場合、証券会社より追い証を要求されるのです。

空売りを実行できます

これ以外の利点といわれるのは、信用取引については、売りから入ることができることが考えられます。現物取引において、株取引で収益をもたらすには、株を購入してそれよりも高い金額で売り払う手法ぐらいしかありませんが、信用取引においては空売りについてもできるようになっているため、下落している相場でも収益を上げることが出来ます。したがって、収益チャンスが倍に拡がっていきますので、安定した取引をすることができます。

信用取引口座の開設について

かつてのインターネット証券が存在しない時代では、信用取引を実施している投資家の方は非常に少なかったといえます。それに加えて口座の開設に関する基準についても厳しく、大企業であればいわゆる預かり資産の厳しい基準があったといわれています。今現在のインターネット証券は敷居が低くなりまして、申請すれば、ほとんどどんな人でも信用口座を開設することが可能です。ただし、インターネット証券の場合でも信用口座を作成するにあたって、電話での面接を敢行している会社があります。

信用取引のメリットの1つは、証券会社に株を借りて先に売り、株価が下がったところで買い戻すという空売りができるところです。

PAGE TOP