エクセルのテクニックとして、ワード代わりに使う方法もある

高度なエクセルの機能

マイクロソフト社製の表計算ソフトがエクセルです。フリーソフトやオープンソフトとして無料で使えるインターネット上の表計算ソフトよりも、非常に高度な機能を有しており、使い易さも優れているため現在はビジネスの現場でも良く利用されているソフトとなっています。簡単な表計算機能以外には、マクロやゴールシークがあったり、図形やグラフの挿入機能など豊富です。世界的にも利用されているソフトであり、用途も多いのでその使い方やテクニックを知っていると、企業でも重宝されたりします。

ワードとしても十分に使える

そして、エクセルの使い方やテクニックとしてそれをワード代わりに利用する方法があります。表計算ではなく文章作成はワードを利用される人が多いですが、ワードで作成できる文章とほぼ同じものがエクセルでも作ることが出来ます。また、ワードの場合は文字の位置調整などは慣れていない人がやるとうまく行かなかったりしますが、エクセルならばそれも簡単に行えます。普段からそちらを使い慣れているという方は文章作成も応用次第で可能です。

組み合わせるともっと強力

更に、テクニックとしてワードを組み合わせる方法もあります。例えばエクセルで表を作成して、それをコピーアンドペーストして貼り付けると言った方法が便利です。ワードの罫線機能を使って表を作成することも可能ですが、そちらの方が作業効率がよく簡単だったりします。ワードは同じマイクロソフト社製のソフトウェアということもあって、連携機能が強力です。もっとうまく使いこなしたいという方は、連携機能も活用していきましょう。

MOS講座はパソコンスキル向上や就職活動でのアピール材料になるので、表計算・文書作成を学びたい場合は特におすすめです。

PAGE TOP