相続税と贈与について

相続税財産となる贈与

贈与を行った場合には贈与税が課税されます。贈与税は1月1日から12月31日までを期間として特例などがなければ1,100,000円を超える資産の贈与があった場合には贈与税が課税されます。この贈与税は相続税を補完する役割を持っています。ここで注意すべき点として相続開始日から3年以内に行われた贈与については相続税において計算するということです。またこの場合に贈与税を支払っていた場合には相続税から控除することができます。

相続税精算課税について

また贈与の中で注意が必要なものとして相続時精算課税という制度があります。この相続時精算課税とは、一定の金額までは贈与の時点で課税を行わず相続の段階で課税を行うというものです。したがって相続が発生した際にはこの制度を適用した資産も相続財産に加える必要があります。また評価をする際には相続時精算課税を段階の評価を用いることになります。したがってもし株式を適用した場合に株価が上昇した場合であっても精算課税適用時点の評価を用いることができます。

相続税の計算と納付について

これらの注意点を確認し相続税を計算することになります。最後に相続税相談で注意する点としては、相続税支払い方法です。相続税は他の税目にはない納付方法が設けられています。それは物納という方法です。要件を満たした場合には相続財産を使って納付を行うことができます。ただし原則としては金銭で納付することになっており、納付ができない場合には延滞税の課税などもあるため相続税申告とあわせて相続税分の金銭を手当てしておくことが大切となります。

相続税相談は税金のプロである税理士なら正しい相続税を算出してくれるので、経験豊富で評判の良い方に相談してみましょう。

PAGE TOP